SEの部屋

Server-side Rendering(SSR)の設定とその注意点について

Next.js における Server-side Rendering (SSR)

SSRは、ウェブページの内容をサーバーでレンダリングし、クライアントに提供する方法です。通常、ウェブアプリケーションはクライアントで動作し、ユーザーのブラウザでページを生成しますが、SSRでは、ページの初期表示時にサーバーがコンテンツを生成し、それをクライアントに送信します。これにより、いくつかの利点が得られます。

  1. パフォーマンスの向上: SSRを使用することで、初回のページ読み込み時にクライアントがコンテンツを生成する必要がなくなり、ページの表示が高速化します。これは、ユーザーエクスペリエンスを向上させるのに役立ちます。
  2. SEOの向上: 検索エンジン最適化(SEO)において、SSRは重要です。クローラーがウェブページのコンテンツを簡単に読み取ることができ、ページのランキングを向上させます。
  3. ブラウザ対応の改善: SSRは、古いブラウザやJavaScriptを無効にした状態でも正常に機能します。これにより、アクセシビリティや利用可能性が向上します。

Next.jsは、SSRを実現するための強力なツールで、簡単に設定できます。Next.jsを使用すると、ページごとにSSRを有効にすることができ、必要な部分だけをサーバーサイドで処理できます。これにより、ユーザーにとって高速かつ動的なウェブページを提供することが可能です。
要するに、SSRはウェブアプリケーションのパフォーマンス、SEO、利便性を向上させる重要な技術です。Next.jsを使えば、初心者でも簡単にSSRを実現できるので、ぜひ試してみてください。ウェブアプリケーションの品質を向上させるのに役立ちます。

1. 初期設定

Next.jsのプロジェクトをTypeScriptでセットアップする手順を説明します。まず、新しいプロジェクトディレクトリを作成し、そのディレクトリに移動します。

mkdir my-next-app
cd my-next-app

次に、Next.js、React、および React-DOM をインストールします。

npm install next react react-dom

そして、TypeScriptとその型定義をインストールします。これにより、Next.jsプロジェクトでTypeScriptが使用できるようになります。

npm install --save-dev typescript @types/react @types/node

最後に、package.json ファイルに以下のスクリプトを追加します。

"scripts": {
  "dev": "next dev",
  "build": "next build",
  "start": "next start"
}

以上で、npm run dev コマンドを使って開発サーバを起動することができます。

2. SSRの設定

Next.jsでSSRを設定するには、getServerSideProps 関数を使用します。この関数は、ページがリクエストされるたびにサーバ上で実行され、その結果はページコンポーネントにpropsとして渡されます。
以下に、pages/index.tsx ファイルの作成例を示します。

import { GetServerSideProps } from 'next'
import React from 'react'


interface HomeProps {
  serverRenderedTime: string
}


const Home: React.FC<HomeProps> = (props) => {
  return (
    <div>
      <h1>Hello, Next.js!</h1>
      <p>Server-rendered at {props.serverRenderedTime}</p>
    </div>
  )
}


export const getServerSideProps: GetServerSideProps<HomeProps> = async () => {
  const serverRenderedTime = new Date().toISOString()


  return {
    props: {
      serverRenderedTime,
    }
  }
}

export default Home

この例では、getServerSideProps関数はサーバ上で現在の日時を取得し、それをserverRenderedTimeとしてHomeコンポーネントに渡します。

3. 注意点

Next.js の SSRは非常に便利で強力ですが、以下のような注意点があります:

  • getServerSidePropsはサーバ上でのみ実行されます。ブラウザのAPIに依存するコード(windowdocumentの利用など)は使用できません。
  • getServerSidePropsは各リクエストに対して実行されます。そのため、高負荷な処理を行うとパフォーマンスに影響を与える可能性があります。
  • SSRでレンダリングするデータを選択する際には、パフォーマンスとSEOを考慮に入れることが重要です。大量のデータをSSRに含めると、ページのサイズが大きくなりすぎてパフォーマンスやSEOに影響を与える可能性があります。

以上が、TypeScriptを使用したNext.jsにおけるServer-side Rendering (SSR)の設定方法です。これを適切に利用することで、SEOとパフォーマンスの改善、ユーザー体験の向上を実現できます。